山梨市 自己破産 弁護士 司法書士

山梨市在住の方がお金・借金の相談をするならどこがいい?

借金をどうにかしたい

借金が増えすぎて返済が苦しい…。
多重債務を抱えているので、債務整理したい…。
もしそう思っているなら、できる限り早く司法書士・弁護士に相談しましょう。
弁護士や司法書士が提案してくれる解決策で、督促が止まったり、月々の返済金額が減ったり、等といういろいろなメリットを受けられる可能性があります。
今ではネットで無料相談ができる法務事務所・法律事務所も沢山あります。
ここでは、それらの中で山梨市にも対応している、おすすめの法務事務所・法律事務所を紹介しています。
また、山梨市の地元にある他の法律事務所・法務事務所もいくつか紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。
借金問題は、1人だけではなかなか解決できません。
弁護士・司法書士の知識や知恵を借りて、解決への糸口を探しましょう!

自己破産・借金の相談を山梨市在住の人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

山梨市の債務や借金返済解決の相談なら、ここがおススメです。
弁護士対応で、しかも全国に対応している法律事務所。
初期費用が0円なので、手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士費用の支払いは、分割払いでもOKです。
相談料金はもちろん無料!
借金の取り立てをストップすることも可能。
自己破産、過払い金、任意整理、個人再生、など、借金の悩みについて無料相談できます。。
しかも、無料相談窓口では24時間365日、いつでも受け付けしてくれます。
フリーダイヤル(電話料無料)で相談受付できるので、借金返済で悩んでいる方も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国に対応している、債務や過払いの問題が相談できる司法書士事務所。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、あなたに合ったやり方で、どうにもならない借金問題を解決していきます。
また、過払い請求は初期費用0円、取り戻せた過払い金から料金を支払えます。
任意整理についても、減額報酬や和解成功報酬などを一切取らないので、安く解決することが可能です。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の人でも安心して相談できます。
まずは気軽に無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ココも全国に対応している司法書士事務所なので山梨市にお住まいの方も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の料金は分割払いも可能なので安心です。
職場や家族に悟られないよう配慮も徹底してもらえます。
借金返済の問題は、一人で悩まず、まずは無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



山梨市近くの他の弁護士や司法書士の事務所を紹介

他にも山梨市には複数の法律事務所や法務事務所があります。参考にしてください。


●矢崎欣一事務所
山梨県山梨市小原西1046-2
0553-22-2402

●久保田司法書士事務所
山梨県山梨市小原東1338-2
0553-22-6970

●河島右文司法書士事務所
山梨県山梨市下石森688
0553-22-9255

●山崎道夫司法書士事務所
山梨県山梨市小原西1335
0553-22-0648

山梨市にある地元の司法書士・弁護士の事務所に行き、直接相談するのもアリだと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、インターネットでの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、手軽に気軽に相談できるという方も多いのではないでしょうか。

山梨市に住んでいて多重債務に参っている場合

借金が増えすぎて返済できなくなる原因は、浪費とギャンブルが大半です。
パチスロや競馬など、依存性の高い賭博にのめり込み、借金をしてでも続けてしまう。
気が付いたら借金はどんどん膨らんで、とても返しようがない金額に…。
もしくは、クレジットカードなどで高級品やブランド物を買い続け、借金も日増しに膨らんでいく。
フィギュアやファッションなど、お金のかかる趣味に入れあげてしまう、というのも浪費と言えなくもありません。
自己責任でこさえた借金は、返済しなければいけません。
ですが、利子も高く、完済するのは困難…。
そういう時ありがたいのが、債務整理です。
弁護士や司法書士に相談して、借金問題の解消に最も良い策を見つけ出しましょう。

山梨市/債務整理のデメリットはどんなものか|自己破産

債務整理にもたくさんの手法があって、任意で金融業者と交渉をする任意整理と、裁判所を通した法的整理である個人再生又は自己破産というジャンルが有ります。
では、これらの手続きにつき債務整理のデメリットがあるのでしょうか。
この三つのやり方に同じようにいえる債務整理の欠点というのは、信用情報にそれら手続きを行った旨が記載されてしまうということです。世にいうブラック・リストというふうな状態です。
としたら、およそ5年から7年程は、カードが創れなくなったり又は借り入れが出来ない状態になったりします。けれども、あなたは返済額に苦難してこれらの手続をおこなう訳なので、もうちょっとは借入れしないほうが良いのではないでしょうか。じゃローンカード依存にはまっている方は、逆に言えば借入ができない状態なることで出来なくなることで助けられるのではないかと思います。
次に自己破産、個人再生の債務整理デメリットですが、官報にこれらの手続を行った事が掲載されてしまうという点が上げられるでしょう。しかしながら、貴方は官報など読んだことがありますか。逆に、「官報とはどんなもの」といった人の方が多数いるのじゃないでしょうか。
実際のところ、官報は国がつくるする新聞みたいなですが、ローン会社等のごく特定の方しか目にしません。ですから、「破産の実態が近所の方に広まった」等といった事はまずありません。
最終的に、破産独特の債務整理のデメリットですが、一辺破産すると7年間は二度と破産はできません。そこは十二分に用心して、2度と自己破産しなくてもいいようにしましょう。

山梨市|自己破産にはやっぱりリスクがある?/自己破産

はっきり言えば世間一般で言われているほど自己破産のリスクは少ないです。マイホームや高価な車や土地など高値の物件は処分されるのですが、生活のために必ずいる物は処分されないのです。
また20万円以下の蓄えは持っていてもよいです。それと当面の間の数ケ月分の生活するうえで必要な費用100万未満なら没収される事はないでしょう。
官報に破産者のリストとして掲載されるがこれも極わずかな方しか目にしないでしょう。
又いわゆるブラックリストに掲載されてしまって七年間程度はローン若しくはキャッシングが使用できなくなりますが、これは致し方ないことでしょう。
あと定められた職に就職出来ないという事が有るのです。けれどこれもごく特定の限られた範囲の職種です。
ですので債務超過で返済することの不可能な借金を抱え込んでいるなら自己破産を実行するのもひとつの手口なのです。自己破産を実施した場合今までの借金が無くなり、新しく人生をスタート出来ると言う事でメリットの方が多いと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限として司法書士や弁護士や税理士や公認会計士等の資格は取り消しされます。私法上の資格制限として遺言執行者・後見人・保証人にもなれないでしょう。また会社の取締役等にもなれません。けれどこれらのリスクはあんまり関係無い場合が多いのではないでしょうか。リスクはあんまり大きな物ではないはずです。