猫のタマの満ち足りた表情

「少年」のこと、どう感じる?「不運」とは、多くの人からはどう考えられているんだろう。別に真剣に考えるってことも無いよ。
HOME

どんよりした土曜の朝に料理を

だいたいは、至ってシンプルな格好をしている私は、もちろん驚かれるけれど。
キャミやコスメやドレスまで勢ぞろいで、ラインで使いたいと考えれば節約生活になりそうだ。
でも、ジルスチュアートはやめられない。

天気の良い休日の昼は想い出に浸る
南九州に居住してみて、霊前に日ごとに、生花をなさっている主婦が多いということにあっと驚いた。
50〜60代の女の人は、その日その日、お墓に菊をしていないと、近所の目が引っかかるらしい。
いつも、花をやっているから、家計の中の切り花代もものすごく大変らしい。
いつも毎日、周りの高齢の主婦の方は霊前に集まって菊をあげながら、おしゃべりもしていて、墓前の辛気臭い空気はなく、あたかも、人の集まる公園のように明るい空気だ。

陽の見えない水曜の夕暮れに熱燗を

振り返ると、中学から高校生まであまり向学心を持って生活してこなかった。
友人が向上心を持って取り組んでいても、私は宿題として出された内容をなんとなくやるといった感じだったように思う。
それでも、専門学校に入学してから私の好奇心をそそる分野の勉強が始まると、知識がするりと頭に入るようになった。
それから、社会に出て、見習いを過ぎて本当の業務になると、今度は何も言わずに勉強せざるを得なくなった。
楽しくないなんて思う暇もなく、何よりも学習する時期が続いた。
学習続きのライフスタイルをしばらく体験すると、次は学生時代に取り組まなかった学習をやり直したいと思うようになった。
現在では、同じように言っている人が近くに何人もいる。

一生懸命走る彼と月夜
動物を観察するために坂道でもいっぱい歩き進まなくてはならない動物園は、夏は非常に暑すぎて厳しい。
友人と奥さんと子供と私の家族ともどもそろって観覧しに行ったが、非常に日差しも暑くて厳しかった。
めっちゃ暑すぎるので、シロクマもトラも他の動物も多くが歩いていないしし、遠くの影にひっそりとしていたりで、非常に見えなかった。
次は、水族館などがかなり暑いときはよさそうだ。
子供が幼稚園の年長くらいになったら夜の動物園や水族館も楽しめそうだ。

泣きながら話すあいつと私

驚かれるが、私の部屋は、冷房も暖房器具もない。
そのために、扇風機と冷やしたレモネードを飲みながら作業をする。
つい最近、扇風機を動かそうと思いつき、回したまま持ってしまった。
そしたら、扇風機の動きが動かなくなったので「え・・・?」と不思議に思い,よく見た。
何故か気付かなかったが、回転に支障を出しているのは、まさに自分の親指だった。
怖くなって手を放すと、また歯車は回転を始め、邪魔をしていたその指からは血が垂れてきた。
痛いと感じなかったが、しっかりしようと心に留めた。

夢中で熱弁する妹と僕
友人の恋人であるSさんの働く会社で、定期的に紀州産の梅を使用した梅干しをお願いしている。
お酒が入ると電話をかけてくれるSさんが可愛がっている部下のEくんという若者は、言ってることが分からな過ぎて会話がかみ合わない。
素面のときの彼は、相当な照れ屋らしくそんなにたくさん話さない。
したがって、私自身、E君とじゅうぶんに話をしたことがない。

雲の無い平日の夕方に昔を思い出す

娘がマルモダンスをおどっている。
私たちは教えていないけど、3歳なのに頑張って踊っている。
映像の中でマルモダンスのメロディが流れると、録画した映像を見ると主張して泣いてしまう。
録画したものをつけてあげると止まることなくずっと見続けている。
親だから、映像を見ているよりも本を見たり、おもちゃなどで体を使って遊んだりしているのが好ましいのだけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、本を読んであげたりし続けたい。
大きくなったら必ず巣立っていくものだから、今のうちに遊んでおくのも私たちの為だ。

雲の無い大安の夕方に座ったままで
ひとり暮らしの時、体調が悪いのに、偏った食事と、眠りの中身が変だったので、シミが増した。
改善したいと思って、生活習慣を健康的にし、肌に役立つ事をしようとリサーチした。
数多くの雑誌で勧められたのが、ニチレイアセロラドリンクだ。
今もかなりの頻度で飲むことにしている。
あのレモンよりもビタミンがたくさん摂取できると言う話だった。
コンディションと美しさはやはり果物から出来るのかもしれない。

ぽかぽかした月曜の朝に窓から

時は金なりというのは、的確なセンテンスで、だらだらしていると、見事にあっと言う間に自由な時間が過ぎていく。
もーっと、素早く仕事も課題も終わらせることが出来れば、他の事に必要な時間を回すのに。
マッサージにいったり、散歩したり、自炊したり、雑誌を手に取ったり。
そう思ったので、ここ最近、しゃきしゃきはじめようと頑張っているが、どれくらい達成できるのか。

汗をたらして吠えるあの子とオレ
夏はビールが大変おいしいけれど、このごろそんなには飲まなくなった。
新入社員の頃は、どんな量でも飲めたのに、年とともに次の日の朝にアルコールが残るようになってあまり飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった当時は大変あこがれ、行くことが非常に楽しみだったけれど、仕事のつきあいであきるほど行って、俺のイメージの中では、現在、いいイメージがない。
そうだけれども、取引先との付き合いの関係でたいそう久々にビアガーデンに行った。
とっても久しぶりにうまかったのだけど、調子にのってたいそうビールを飲みすぎて、やっぱり、翌朝に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

ラクダ

Copyright (C) 2015 猫のタマの満ち足りた表情 All Rights Reserved.