20代のEDが流行!?治療費や自分で直す方法をご紹介!

脱力 エレベーター

EDというとおじさんがなるもの、というイメージがありますが、最近EDで悩む20代男性が急増中です。EDには原因がありますが、確実に対処したいのであればED治療薬を服薬するのが確実でお勧めです。

今回の記事では、20代でEDになってしまう原因について、そしてED治療薬の入手方法について詳しく紹介したいと思います。

3人に1人がED!?20代男性の間で広がるED問題

3

男性にとって勃起不全、つまりEDは切実な悩みです。
およそ3人に1人の割合で患うEDですが中年以降に起こるイメージがあるため、まだ若いうちは自分には関係ないと思っていませんか?

実は最近、30代どころか20代のEDが急増しており皆、切実な悩みを抱えているのです。
EDについての相談件数も増加傾向にあります。

そこで今回は、20代のEDに流行していることにフォーカスをあて、クリニックを受診した場合のEDの治療費や、自分で直す方法を紹介したいと思います。

EDが原因で彼氏と別れる20代女性も…

男女 喧嘩

EDといえば男性だけの問題であり女性にはあまり関係ないと思われがちですが、実はそんなことはありません。

というのも、彼氏がEDだということがきっかけで破局を迎えてしまう若いカップルも意外と多いからです。

EDになってしまうと男性は自分に自信が持てなくなってしまい、性交渉だけではなくスキンシップを取ること自体も煩わしくなり心の距離も開いてしまうのです。

最近では20代のED男性の増加に伴い、20代の女性にそのような残念な結末を迎える人が多くなっているのです。

20代男性のよくあるEDの原因は?

絶望 男性

なぜ20代でEDになってしまうのか?その理由について見てみましょう。
大きく分けて心因性EDと生活習慣の乱れによって引き起こされるEDがあります。

ストレス

EDの原因には糖尿病や高血圧などの生活習慣病、喫煙や肥満の影響が一般的に知られていますが、20代男性の場合はストレスによって引き起こされるEDが多いです。

現代社会ではストレスから逃れることはできませんが、最近はSNS等の普及により私生活でも大きなストレスを抱える男性も増えています。また経済的な不安を抱える20代も増えており、そう言ったことが20代ED増加の一因といえるでしょう。

緊張

セックスする時に緊張しすぎるがあまり、EDになってしまう男性もいるようです。

過去セックスでうまくいかなかったり、何かトラブルがあったりでトラウマを持ってしまった場合、また体を含めて自分に自信が持てないという気持ちがきっかけにして引き起こされます。

「うまくやらなければ」と意識しすぎてしまうあまり、EDに悩む20代男性もいます。
一度EDを経験してしまうと「次も失敗してしまったらどうしよう」と悩んでしまい、それがまた次のEDを誘発して…..という悪循環にハマっていくケースもあります。

生活習慣の乱れ

ストレスや緊張からもたらされるEDを総じて心因性EDというのに対し、生活習慣の乱れが原因で起こる20代のEDも増えています。

これは

  • ・暴飲・暴食
  • ・タバコの吸いすぎ
  • ・仕事が忙しくて運動不足
  • ・不規則な生活や睡眠不足

などによって引き起こされるものです。

これらの不摂生がたたり、20代でもEDになる人が増加しています。

20代男性がEDを自分で治す方法とは?

傘 男女

さて、EDで悩んでいる20代男性が自分で治したい!と思った場合、どうすればいいのでしょうか?
EDになってしまった原因によって変わりますが、その原因を取り除いてあげることが一番シンプルな解決方法です。

ストレスが原因であればストレスを取り除くこと、セックスの時の緊張が原因であればリラックスしてセックスを楽しめるようになること、そして生活習慣が原因で起こってしまったEDならば、生活習慣を改善することです。

しかしこれらの問題はすぐに改善できるものではありませんし、それなりに時間がかかります。そもそもそんな簡単に改善できるものであればEDにはなっていないはずです。

そのため、EDを本気で改善したいのであれば、ED治療薬に頼った方法が確実で最短ルートと言っても良いでしょう。

EDを本気で治すならED治療薬がおすすめ

薬

先ほども述べたとおり、EDを本気で治療するのであればやはりED治療薬がお勧めです。
ED治療薬やバイアグラ・シアリス・レビトラという3つの治療薬が有名ですが、その作用機序は同じです。

これらの薬は勃起を維持するためのcGMPを分解してしまうPDE5と呼ばれる酵素を破壊し、勃起しやすい状態をつくりですのです。

この中で一番効果が早く表れるものがレビトラであり、飲んでから30分以内、次にバイアグラとシアリスが60分以内とされています。

また勃起を持続する時間はバイアグラが一番短く4時間程度、レビトラは8時間、シアリスは32時間です。

この他にも食事やアルコールの影響を受けやすいかどうかなど薬によってそれぞれ特徴がありますから、自分の生活パターンに応じてぴったり合ったものを選ぶことができます。

これらの薬は若くても服薬している人が多く、20代で服用することは決して珍しいことでも恥ずかしいことでもありません。

20代男性のED治療にかかる費用は?

電卓 男性

20代はお金にも余裕がありませんから、ED治療にどのくらいの費用がかかるかは非常に気になりますね。

どれだけ効果があったとしてもそれがあまりに高額な費用が必要になってしまっては、なかなか受けることはできません。
ここからはEDの治療方法別にかかる費用について情報提供したいと思います。

クリニックで治療する場合

まずは患者としてクリニックで治療する場合の目安を紹介しましょう。
ED治療薬は大体1錠につき1500円から2000円ですから、何錠処方してもらうかによって費用は大きく変わってきます。

ですから欲しい分の薬の数×1500円(2000)プラス医師の診察料金という計算になりますね。ただしここで一点注意があります。

ED治療薬は自由診療ですから、保険が適用されず全額自己負担になります。
というのもこれらの薬はEDを根本的に治すのではなく、症状を和らげる薬という位置付けになり保険適用が認められなかったからです。

結構な金額ですね。

個人輸入の場合

ED治療薬はクリニックを受診しなくても、個人輸入でも手に入れることができます。
サイトやどの治療薬を選択するかによってその値段はバラバラですが、場合にはクリニックで処方してもらう半額以下で手に入れることも可能です。

1錠1000円以内ということですね。
これなら経済的にもそれほど負担にならず、20代でも気軽にチャレンジできそうですね。

個人輸入でED治療薬を購入する際の注意点

ED治療薬を安く手に入れることができる個人輸入ですが、利用する場合にはかなりの注意が必要です。というのも、ED治療薬といって販売されているものの中には偽造品も多く、半数以上が偽物だったというデータもあります。

これらの偽造品は効果がないどころか低血糖による昏睡を含めた重篤な健康被害も報告されており、服薬には非常に注意が必要なのです。
さらにこれらの薬は品質管理が正しくされていないものが多く、やはり不安が残ります。

薬は直接体に入れるものですから信頼できるところから購入したいと怖いですね。
そこでおすすめのサイトを紹介したいと思います。

お悩み宅急便というこちらのサイト

で取り扱っている商品は全て正規品であり、プライバシー保護を含めたセキュリティ体制も万全です。個人輸入でED治療薬を購入するのであれば、このような安心できるサイトを利用しましょう。

まとめ

今回は20代でEDを患っている男性が急増していることとその理由について詳しく説明してきました。20代でEDになってしまう理由は様々ですが、確実に治療するのであればED治療薬を利用することをお勧めします。

ED治療薬はクリニックで処方してもらう他に個人輸入する方法もありますが、その場合には安心して利用できるサイトを利用しましょう。