ジェネリックEDを徹底比較!おすすめの通販サイトもまとめて紹介!

薬

ed治療は薬の処方が中心で、様々な治療薬が利用されています。
薬価を下げたい場合に活躍するのがジェネリックED治療薬で、特許が切れた治療薬を別なメーカーが安価に作っているのが特徴です。

成分は一緒のため効果は変わらず、費用を抑えられることから人気になっています。
ジェネリックed治療薬も種類が多くなっているため、効果や価格などを比較のためのまとめを作りました。

ジェネリックED治療薬とは?

特許が切れたED治療薬をもとに、同じ成分で安価に作ったのがジェネリックED治療薬になります。

成分は同じですが、開発費などがかからない分割安に製造できるのが特徴です。
ED治療薬の歴史は長く、ED治療薬の代表的な存在であるバイアグラのジェネリック薬品はすでに登場しています。

また、国によって特許の扱いが異なることから、比較的新しいED治療薬のジェネリック薬品を開発、販売している国もあります。
日本では流通していない治療薬でも、海外では普通に手に入るということもありえるのです。

ジェネリックED治療薬徹底比較

ジェネリックED治療薬にはそれぞれ元になった薬があります。
成分は同じで、名称や薬の価格が違うのが特徴になります。

それぞれのED治療薬には長所と短所があり、効果がある時間なども異なります。
詳しいメリットや特色をまとめました。

一番人気!バイアグラジェネリック

バイアグラ

 バイアグラジェネリックの特徴

最も有名なED治療薬で、バイアグラジェネリックの種類が多いのが特徴です。
国内のED治療クリニックで処方されるジェネリックED治療薬はほとんどがバイアグラジェネリックになります。

これは他のED治療薬の開発が比較的最近で、特許がまだ切れていないためです。
価格が安く、入手しやすいのが特徴ですが、食事の影響を受けやすいため飲むタイミングには注意が必要です。

バイアグラジェネリックの種類

バイアグラジェネリックはバイアグラの主成分であるシルデナフィルとして販売されるケースが多く、国産品だけでも10種類ほどあります。

海外を含めると更に種類が増え、主に1錠の成分量や価格、原産国が変わってきます。

即効性抜群!レビトラジェネリック

レビトラ

レブトラジェネリックの特徴

バイアグラよりも水に溶けやすく、即効性が高いのがレビトラジェネリックの特徴になります。10mgの効果は4~5時間、20mgの効果は8~10時間と長めです。

バイアグラよりも食事の影響が薄いのも特徴ですが、より勃起の効果を実感したいなら空腹時の服用がおすすめになります。
価格はバイアグラジェネリックより若干高価になります。

レビトラジェネリックの種類

レビスマ、バリフなどが有名で、ほとんどがインド製になります。
バリフはゼリータイプがあるなどバリエーションが豊富で、人気があるのが特徴です。
レビスマに更に成分をプラスして早漏改善も目指すスーパーレビスマなども存在します。

持続性最強!シアリスジェネリック

シアリス

シアリスジェネリックの特徴

投薬から最大36時間効果が持続するといわれていて、他のED治療薬と比較して持続時間が非常に長いのが特徴です。

食事の影響も受けにくく、効果時間を考えた場合のコストパフォーマンスが高いのが魅力です。

性行為の2~3時間前に服用が必要など即効性が低いのが難点ですが、非常に人気が高い薬になります。

シアリスジェネリックの種類

2020年になって国産ジェネリックED治療薬のタダラフィルの発売が開始されました。
インド製ではタダリス、タダシップ、タダリフト、メガリスが有名です。
使い勝手が良く、人気が高いバリフと比較されることが多いのも特徴です。

ジェネリックED治療薬の購入方法

ジェネリックED治療薬を購入するためには医師の処方が必要になります。
ED治療薬は副作用の恐れがあり、診察して服用が可能な状態か確認する必要があるからです。

ただし、例外もあり輸入代行経由で購入する方法もあります。

クリニックで処方してもらう

一般的な方法で、診察を受けた上でED治療薬を処方して貰います。
EDの症状を見ながら薬を処方してくれるため、安心感が違います。

薬は選択できる場合があるため、ジェネリックED治療薬にしたいと告げるのが確実です。
また、クリニックによって扱う治療薬が異なるため、事前に問い合わせるのがおすすめです。

ただし、問診が恥ずかしい、医師とのやりとりがわずらわしく感じがちというデメリットもあります。
診察費も保険が効かないため、費用も高くなる傾向にあります。

通販(輸入代行業者)で購入する

通販(輸入代行業者)経由でジェネリックED治療薬を購入することもできます。
診察を受けずに購入できるのが魅力ですが、副作用には自分で対処する必要があります。

副作用で病院で治療を受けた場合自費診療になってしまうため、容量用法を守ることが大切です。
適量以上を飲んでも副作用のリスクのみが増大する場合があるからです。

海外のジェネリックED治療薬を購入できるのも利点で、日本で薬を購入するより割安になります。
価格は為替の影響を受けて変化する場合があること、製造状況や在庫状況で購入できる薬が変化する場合もあります。

特定の薬を飲んでいると副作用が強まるED治療薬は多いため、注意事項を確認した上で使用する必要があります。

ジェネリックED治療薬を購入できるおすすめ通販はココ!

ジェネリックED治療薬購入でおすすめなのがお悩み宅急便です。
現在製造が停止していて購入が難しくなっているバリフなど、人気が高いジェネリックED治療薬を購入できます。

バイアグラ、レビトラ、シアリスといった代表的なED治療薬も購入可能で、価格の比較にも使いやすくなっています。

まとめて購入することで割引が効くことや、気軽に通販感覚で輸入代行を依頼できることも大きなメリットです。

まとめ

一般的なED治療薬とジェネリックED治療薬は医師の診察と処方が必要になります。
様々な種類がある中、問診の結果などを含めて処方されます。

しかし、クリニックに必ずほしいED治療薬があるとは限らないのもポイントです。
より安く、手軽に購入したい場合は信頼できる通販(輸入代行業者)で購入するのもおすすめになります。