ED治療薬バイアグラとは?飲み方や最安値の入手方法を紹介!

薬 男性

勃起不全(ED)は男性にとっては大きな悩みの種になりますよね。パートナーがいる場合はもちろん、現在いない場合でも勃起不全が原因で自信が持てないことも想像に難しくありません。

勃起不全の原因にも様々なものがありますが、治療薬としてはバイアグラが有名です。ここではバイアグラがどんなものなのか、どのように入手できるのか、効果的な服用方法などについて説明していきます。

ED治療薬バイアグラとは?

ED治療薬バイアグラとはファイザー株式会社が開発した勃起不全解消のための薬のことです。ちまたでバイアグラといえば勃起不全治療薬のことを表すことが多いですが「バイアグラ」という名前はこの会社が開発した薬の呼称ということですね。

シルデナフィルという種類もあり、こちらも効果はバイアグラと同じ勃起不全治療薬ですがいわゆるジェネリックのものとなります。

そもそも勃起とは陰茎にある海綿体に血液が集まることで起きる仕組みとなっています。勃起した状態を鎮めるためにPDE5という酵素が分泌されます。勃起不全とは本来なら興奮状態にあり、勃起するはずがPDE5が分泌され過ぎることにより起きるものです。

バイアグラはPDE5の役割を阻害する機能を持っていますので、バイアグラを服用することで勃起不全が解消されるという仕組みになっているわけですね。

ED治療薬バイアグラの効能・持続時間は?

バイアグラのの効能は、バイアグラを服用し、その上で性的興奮を感じた場合、勃起する力が通常より強いというものです。

あくまで性的興奮を感じた場合、普段より勃起力があがるといもので、バイアグラは勃起促進の成分はありませんので、服用したら無条件
で勃起するわけではありません。

前の項目でも説明したようにあくまでPDE5という酵素の働きを阻害するのがバイアグラの仕組みです。ですのでPDE5が分泌されない、つまり興奮状態にない場合は効能は弱くなってしまいます。

持続時間は約4~5時間と言われています。持続時間自体は4~5時間ですが1番効果が強く出るのは服用後1時間とも言われていますので、タイミングよく使いたいですね。使用感覚については24時間の間隔が必要になりますので注意しましょう。

ED治療薬バイアグラの飲み方とタイミング

薬

バイアグラは塗り薬ではなく、飲むタイプの薬です。食後の服用ですと効果が薄くなってしまう可能性があります。
食後であれば食後1時間、食後すぐに性行為をする目算があるのであれば、空腹状態の食前に飲むのが成分をより吸収し効果的となります。

性行為の前に食事をしないのであれば先程も説明したように服用1時間後が一番強い効果が出ますので、性行為の1時間前に服用するのが望ましいです。バイアグラはほとんどの場合、病院で処方される他の薬と同じように10錠のシート状になっています。

1回1錠を水、もしくはお茶や清涼飲料水と一緒に飲みましょう。脂肪分が含まれる飲料だと吸収の妨げになり、効果が薄くなってしまう可能性があるので、避けた方が無難ですね。

ED治療薬バイアグラを服用するときの注意点

バイアグラには副作用がある

服用後30分前後を目安に「顔のほてり」「目の充血」、その他に実際に感じる症状については「動機」「頭痛」「鼻づまり」などがあります。ただしこれらは永続的なものではなく、薬の効果が切れ始めると同時に解消されていくものになりますので、過剰な心配は必要ありません。

頭痛などは市販の鎮痛剤を服用することも可能です。服用後、血圧は下がりますのでめまいなどを起こすこともあります。転倒などしないよう注意しましょう。

併用禁忌薬に注意!

上記副作用とは別に同時に服用してはいけない併用禁忌薬というものがあります。こちらは一時的な副作用とは違い、最悪だと命に関わるものになりますので絶対に併用してはいけません。主な併用禁忌薬は狭心症や心筋梗塞の治療に使われる硝酸系の薬や、不整脈の薬であるアルカロンなどです。

他にも禁忌とまではいかなくても併用注意薬と呼ばれる薬もありますのでしっかりと情報をいれておきましょう。素人判断は絶対にしてはいけませんのでバイアグラを処方してもらう場合には担当の先生に相談しておくと安心ですね。

偽物のバイアグラに注意!

バイアグラはその有名性などから偽物が存在します。偽物には人体に有害な物質が含まれていることや実際に覚せい剤などが含まれていたことがありました。偽物のバイアグラが原因で死亡した例も報告されています。

ファイザー社が販売していないサイズのものであったり、日本で販売されている10シート以外のものは危険ですので使用しないようにしましょう。

クリニックで正式に処方されたものであれば安全であると言えますが、病院が個別で海外から輸入している、などの場合は注意が必要となります。

ED治療薬バイアグラの価格相場は?

バイアグラの価格相場は1錠25mgで1200円前後、1錠50mgで1500円前後、ジェネリックであるシルデナフィルは50mgは1000円前後となっています。また日本では25mgと50mgのものしか処方してもらえず、50mg以上のものはアメリカなどで販売されている100mgのものがあります。

こちらの場合は、1錠あたり2000円弱が相場となっています。大きさがそれぞれ違いますが、バイアグラの入手方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

バイアグラの入手方法

クリニックで処方してもらう

一番早く入手でき、かつ安全な方法はクリニックを受診して処方してもらうことでしょう。

輸入代行業者(通販サイト)を利用する

購入のための金額を抑えたい場合は輸入代行業者を利用する方法もあります。輸入代行業者は海外で販売されている薬の輸入を個人で行う代わりにしてくれる業者です。日本のクリニックで処方される薬と同じ成分の薬が海外で安い価格(ジェネリック)で販売されており、それを購入してくれる業者となります。

先程紹介した日本では処方されないバイアグラ100mgなども購入可能です。またバイアグラに限らず、ED治療薬として名前の通っているレビトラやシアリスなどのもジェネリックとして価格が比較的抑えられたものを購入が可能です。輸入代行業者の通販サイトとしては「お悩み宅急便」がおススメです。

ED治療薬バイアグラに関する良くある疑問

薬 マッチョ

バイアグラは市販されてる?アマゾンで購入できる?

アマゾンでも『医薬品第一類』と呼ばれる薬は購入可能となっていますが、バイアグラは医薬品第一類には含まれず、『処方箋医薬品』という扱いになりますで、アマゾンでは購入できません。

クリニックで処方してもらうか、輸入代行業者に依頼する必要があります。もしアマゾンでバイアグラを見つけたとしても出元が分からない製品の可能性があるので安易な購入は避けましょう。

バイアグラが効かない場合は?

まず服用のタイミングを見直しましょう。食後のお腹が膨れた状態だと効果が出ない可能性があります。また単純に疲れていて性的に興奮できていない状態な可能性もあります。

バイアグラを長期間使っていると効果が薄くなってくるとの事例も報告されています。その場合は、レビトラやシアリス、またシアリスのジェネリック品であるタダシップなど他のED治療薬を使用してみるのも一つの手段となります。

まとめ

バイアグラは勃起不全の治療薬と言われていますが、その仕組みから完全な不全でなくても効果はあります。勃起不全のであったり、もっと性行為に活力を持ちたいという場合には大変役に立つ薬です。一方で、併用禁止な薬が存在する薬でもあります。有用なものではありますが、自分の健康を害さない用に上手に利用していきましょう。