心因性早漏は改善できる!トレーニング方法や改善方法をご紹介!

笑顔 男性

ここ数年で一気に、心因性早漏でお悩みの男性が増えてきています。
非常にデリケートな内容だけに、誰にも相談できず、ひとりで悩みを抱えてしまう方が多いのが現状です。

現代を生きる世の男性にとって、ストレスや心の重荷などと心因性早漏に関連性があることはあまり知られていません。
この心因性早漏は、様々な方法を用いることで改善が期待できると言われています。

まずは振り返り!心因性包茎とは

勃起状態が短く、すぐに射精してしまう早漏にはいくつかの種類があります。
心因性早漏は、男性のペニスに問題が生じているのではなく、心に何らかの問題が生じている場合に起こる早漏です。

性行為の経験回数が少ない人、ストレスを感じている人、早漏が原因で過去に苦い思い出がある人など、心因性早漏となる方の原因は様々です。今日はこの心因性早漏について、原因や改善方法などについてまとめていきます。

心因性早漏のよくある原因

落ち込む 男性

心因性早漏のよくある原因として、以下の3つが挙げられています。
これらの原因について、順にまとめていきます。

経験不足

性行為の経験が少ない男性は、心因性早漏になりやすい傾向にあります。
性行為自体に慣れていないと、性的興奮が高まった状態をキープすることが難しく、極限まで我慢するといった自己コントロールができないことが多いためです。

性行為は一般的に回数をこなすことで場馴れしていくと言われており、この程度の刺激ならばあと数分は持ちそうなどと判断できるようにはなりますが、経験自体が少ないとその判断基準すら分かりません。

とは言っても、性行為はその時々でパートナーとの相性も違いますし、その場のシチュエーションも違います。
どんなに経験豊富だとしても、今までの自分の性行為の経験値では計り知れない状況に陥り、過敏となってしまうこともあります。

その経験自体が少ない方だと、性行為の場面で、いざというときに早漏になりやすいのです。

仕事や人間関係などのストレス

体は意外と正直です。
仕事や人間関係などで何かしらのストレスを感じていると、知らず知らずのうちにメンタルに影響が出てきます。

例えば、売上成績の低迷や上司からの叱責、家庭内トラブルや交際トラブルなどです。
仕事が忙しい、一晩寝ても疲れが取れない、通勤ラッシュなどといった日々の疲労の蓄積もストレスの原因となります。

日々感じているストレスの解消を目的として性行為を行ったとしても、心のどこかで性行為そのものに集中できない自分がいて、中途半端な状態で達してしまいがちです。

ストレスを感じながらも、性行為を考える余裕がある精神状態ならばまだいい方です。
ストレスの度合いがさらに増してくると、性行為自体に関心が及ばなくなります。

包茎・ED・早漏などのコンプレックス

包茎やED、早漏など、自分自身に何かしらのコンプレックスを抱えている方は、パートナーを前にした性行為で緊張感が走りがちです。

これらのコンプレックスが原因でパートナーを満足させられなかった場合、パートナーとはこの次はないのではないか、自分は男性として劣っているのではないかなどあれこれ考えてしまう心理は理解できます。

包茎もEDも早漏も、非常にデリケートな内容だけになかなかパートナーにはカミングアウトできないものです。性行為に集中しようとすればするほど、その緊張感は増していきます。

パートナーと初めての性行為の場面では、自分のコンプレックスが知られてしまわないかと心臓が張り裂けそうになります。

パートナーと初めての性行為ではなくても、その前の性行為でこれらのコンプレックスを知られてしまった場合、ここでリベンジしようと思えば思うほど、自分自身がますます追い詰められていくのです。

過敏性早漏の改善方法①事前にパートナーへ早漏であることをカミングアウトする

パートナーに自分が早漏であることを打ち明けるには、不安がつきもので相当の勇気が必要となります。
パートナーの失望する顔が目に浮かぶことが怖くなり、場合によっては早漏が原因で疎遠となってしまうことも考えられます。

しかし、性行為に及んでから、「実は…」と早漏をカミングアウトしてしまうよりは、事前に早漏であることを打ち明けたほうが、パートナー側としては受け止め方に余裕があります。

パートナーがあなたを必要としてくれる人であれば、支えてあげたいなと思うこともあるでしょうし、早漏であることを理解した上での性交渉を理解してくれるでしょう。

過敏性早漏の改善方法②性行為前に適量のアルコールを摂る

アルコールを適量たしなむことで、心身のリラックス効果があることが分かっています。
性行為の前に適量のアルコールを摂取すると、早漏に対する過度の緊張や呪縛から心が解放され、神経が落ち着き、気持ち穏やかに性交渉に挑める場合があります。

体も心もポカポカと暖まった万全の状態で、リラックスしながら気持ちを高めていってはいかがでしょうか。

過敏性早漏の改善方法③クリニックで治療する

心因性早漏は、気持ちの持ち方や日々の心がけでは解決しないことがあります。
そういった方は、早漏に関する専門医のいる病院や医院、クリニックを受診するとよいでしょう。
メンズクリニックや泌尿器科には、早漏に詳しい専門医がいます。

専門医は、今まで数多くの心因性早漏の患者さん達を治療してきた実績があります。
また、早漏治療薬は海外からの輸入でも入手可能ではありますが、医薬品でもあり、できれば医師の診察の上で内服することが理想的です。

心因性早漏の方は、心の奥深くに抱えている何かしらの問題が原因の方が多いのも現状です。
そういった方は、心療内科などメンタル面を診察してくれる病院や医院、クリニックのほうが望ましい場合があります。

過敏性早漏の改善方法④早漏治療薬を使用する

早漏には治療薬があります。
世界初の早漏治療薬として知られているのが、「プリリジー」という内服薬です。

性行為を行う予定時刻の1時間~3時間ほど前に飲むと、性行為の際に射精に至る時間が3~4倍に延長することが報告されています。
性行為の日に限定して飲むよりは、毎日続けて飲んだほうが早漏改善効果を得やすいことが報告されています。

2つ前の記事で、早漏対策に適度なアルコールがよいとお伝えしましたが、プリリジーはアルコールを摂取した状態で内服すると吐き気などの副作用があると報告されています。

プリリジーは、性行為の前後でアルコールを必要としない方におすすめの薬です。
また、心因性早漏にパキシルなどのSSRIという抗うつ剤で効果が得られる場合があります。

早漏治療薬のお得な購入方法とは?

疑問 男性

一般的に、早漏治療薬が欲しいときは、早漏治療が行えることを広告宣伝している病院や医院、クリニックへ通院し、専門の医師の診察を受けることで処方されます。

診察の結果早漏治療薬の対象外と診断され、早漏治療薬が処方されない場合もあります。
また、受診すること自体が恥ずかしい、難しいなどといった個人的事情がある方もいます。

そういった方に、海外から送料治療薬を輸入して入手することが可能な場合があります。
例えばお悩み宅急便を利用すると、個人で輸入するのではなく、輸入自体を業者が代行してくれます。

日本語以外話せない、海外との取引経験がない、海外との取引に不安を感じるなどといった心配はなく、ネット経由でお手軽にお手元に早漏治療薬が届きます。

まとめ

心因性早漏についてまとめてみました。デリケートな内容だけに、自分が心因性早漏ではないかと思っても周囲に相談しにくいものです。
心因性早漏と診断されても、他の病気と違って堂々と公言しにくいと感じている方は多いでしょう。

この記事が、心因性早漏でお悩みの方の参考になると幸いです。